冷凍みかん

冷凍みかんとは

冷凍みかんは温州みかんをそのまま凍らせた、デザートの一種である。学校給食のデザートとしても一昔前の旅行のデザートとしてもお馴染みのデザートであります。冷凍みかんといえば、旅行に行くときの楽しみのひとつでもありました。冷凍みかんを食べた時の食感は「シャリシャリ」しており、当時シャーベットもアイスクリームもまだ高価だった時代、夏の風物詩のひとつでもありました。冷凍みかんは1955年に神奈川県の小田原駅で初めて発売されたそうです。当時の旅行のデザートとして人気のあったみかんですが、夏場になるとみかんはどうしても売れなくなります。そこで夏でもみかんを売る方法として、鉄道弘済会と大洋漁業が冷凍みかんを共同で開発したそうです。




冷凍みかんの作り方

冷凍みかんの作り方としては、よく洗ったみかんを冷凍庫に入れて凍らせるだけです。この際注意しなければならないことは、よく洗うということです。みかんの表面は非常に汚れています。万が一雑菌がついていた場合、冷凍庫内で別の食品に感染する恐れがあるからです。さらに販売している冷凍みかんに近づけたいのであれば、凍らしたみかんをもう一度水にくぐらせ、再度冷凍庫に入れてください。そうすれば販売している冷凍みかんと同様な氷の膜ができます。この氷の膜のメリットは、みかん内の水分の蒸発を防ぐという点です。このようにすれば、あの独特のシャリシャリ感が失われず、おいしく食べることができます。また冷凍みかんをビニール袋に入れたり、ラップをして保管すると、さらに水分の蒸発を防ぎ、よりよい味わいが楽しめます。しかし注意点がひとつ。家庭の冷凍庫では温度管理が十分ではありません。当然開閉頻度が高く、温度が下がりきらない場合もあります。市販で売っている冷凍みかんは温度管理の優れた冷凍技術で作っているため、家庭で作る冷凍みかんは、市販品と同じものが作れるという期待はしないでいただきたい。