ジェラートについて

ジェラートとは

イタリア人の夏に欠かすことの出来ないアイスクリームといえば「ジェラート」!イタリア語でジェラートとは「凍った」という意味だそうです。そのまま名前になったアイスクリームですね。ジェラートは果汁・牛乳・砂糖などを混ぜたものを凍らせて作るそうですが、時としてコーヒーや香草を入れて香り付けしたジェラートもあるそうです。ジェラートは、オーバーランが20~40%、乳脂肪は4~7%と低脂肪・低カロリーの商品であるにも関わらず、密度が濃く、コクがある満足いくアイスクリームです。さらには新鮮な素材を使っているためコクがあるのにさっぱりとした味わいが楽しめます。また保存料なども使用していないので安心して食べられるアイスクリームです。ジェラートには、インダストリアル・ジェラートと、アルチザン・ジェラートの2種類があります。インダストリアル・ジェラートは、工場などで作られる大量生産のもののことです。アルチザン・ジェラートは、1軒1軒のお店で、その都度新鮮な素材を使って仕込まれた手作りとも言えるこだわりのアイスクリームのことです。




ジェラートをおいしく食べるためには・・・

ジェラートをおいしく食べるためには、お店で出来立てを食べるのが一番です。搾りたての牛乳を使ってジェラートを作る店も増えてきているみたいですしね。でも家でジェラートを食べたいという方にために、おいしく食べる方法のポイントをひとつ。カップに保存されているジェラートを食べるときには、冷凍庫から出して常温で5~10分ほど放置してください。そしてスプーンでよく練ってから食べるとよりいっそうおいしくいただけます。また10分も待てないというせっかちな方、そんな方は電子レンジで10秒ほど解凍してください。そしてスプーンで練ってから食べてくださいね。電子レンジを使う際は溶けすぎないように注意してくださいね。一度溶けたものは、アイスクリーム同様風味が飛んでしまいます。再冷凍しないで、あきらめてください。




ジェラートは女性の味方です!

ジェラートは女性の味方といえるアイスクリームです。なぜならば女性には欠かせないカルシウムや肌をきれいにする成分ビタミンA、健康な状態を維持するために必要なビタミンB1、ビタミンB2がたっぷりと含まれているからです。ジェラートに含まれる成分は女性ばかりでなく男性にも必要なものばかりなのですね。主な成分の働きを記しますので参考にしてみてください。


◆カルシウム
      丈夫な骨や歯をつくるほか、精神を安定させる働きがあります。
      女性は妊娠、出産のため多量に必要となり、
      不足すると骨粗しょう症の原因となったりイライラ・ストレスがたまりやすくなります。

◆ビタミンB2
      別名・美容ビタミンとも呼ばれるように健康な毛髪、爪、肌をつくるほか、
      脂肪を効率良く燃やすといわれています。
      視力を維持し目の疲れを軽くする働きもあります。
      不足すると口内炎、皮膚炎になりやすくなります。

◆ビタミンA
      肌のつやや潤いを保ち、粘膜や目の働きを正常に保つほか、
      病気への抵抗力をつける働きをします。
      不足すると肌荒れ、目の乾燥、風邪を引きやすくなります。

◆ビタミンB1
      体内の糖質を分解してエネルギーに変える働きや、疲労回復効果があります。
      不足すると疲労感、イライラ、脚気になったりします。